スタッドレスタイヤの特徴|今どきのカーナビは低価格で機能が充実|カーナビの選び方

今どきのカーナビは低価格で機能が充実|カーナビの選び方

  1. ホーム
  2. スタッドレスタイヤの特徴

スタッドレスタイヤの特徴

メンズ

雪の日は滑りやすく、通常のタイヤで走行するとスリップする危険があります。雪の日に使用するタイヤといえば、『タイヤチェーン』と、『スタッドレスタイヤ』が一般的です。タイヤチェーンは鎖をタイヤに装着したものですが、スタッドレスタイヤは鋲のないタイヤという意味です。以前はタイヤに鋲がついた『スパイクタイヤ』が主流でしたが、スパイク部分が路面を傷つけることが問題となり、現在はスパイクタイヤに代わって新たに開発されたスタッドレスタイヤが主流となりました。なぜ鋲のないスタッドレスタイヤが雪の日に安全に走行できるのでしょうか。
まず、スタットレスタイヤは通常のタイヤに比べてゴムの質が違います。低温でも硬くなりにくい特殊なゴムで作られていて、雪道でもゴムの弾力性としなやかさを保つことができます。地面と接する部分を柔らかくすることで密着性を上げてブレーキ性能を保つことができるのです。また、スタッドレスタイヤの溝は通常よりも深く作られています。この溝が雪を噛むような働きをするため、スリップしにくい構造となっています。冬の道では氷の上に水の膜ができますが、スタッドレスタイヤは排水性を高める工夫が凝らされているため、より安全に運転できるのです。
一方タイヤチェーンは、タイヤに凹凸をつけることで、摩擦を生みだしスリップしにくくしています。スタッドレスタイヤよりも安価ですが、装着が難しいという面もあります。スタッドレスタイヤは雪道だけでなく高速道路などでも利用できるため、冬の間はずっとどんな道でも走行できます。専門業者に任せるのであれば、スタッドレスタイヤを選ぶと手間が掛からずに便利です。