今どきのカーナビは低価格で機能が充実|カーナビの選び方

2タイプから選ぶ

カーナビ

カーナビの購入を考えている人は、まずはダッシュボードの上に取り付ける取り付け型か、エアコンの操作パネルなどと一緒に埋め込む据え置き型かのどちらを購入するのか考えましょう。
カーナビの最低限の機能だけ利用できればいいという人は、取り付け型で十分でしょう。取り付け型であれば五万円以下で手に入ります。最低限の機能とはいっても、最近はカーナビの性能が向上しているので、低価格商品でも情報力が過不足ない容量の大きいタイプもたくさん販売されています。取り付けが楽なので、自分で取り付ければ業者に任せる費用が浮きます。今どきのカーナビは大半がテレビを見ることができるので、取り付け型であれば外に持ち出すということも可能です。休日にしか車を使わないとか、決まったルート以外は走ることが少ないという人には、取り付けタイプでも十分でしょう。
画面が大きく性能の良いカーナビがいいという人は、据え置き型を選びましょう。据え置きタイプは住宅地などの細かい道も案内できる上、案内速度もスピーディーです。据え置き型は10万円から30万円近くするものもあり、決して安くはありませんが、最近はカーナビとしての機能だけでなく、画面からスマホを操作するなど連携した機能も充実しています。車を頻繁に利用する方や、特別なこだわりを持った方にはおすすめですが、素人が30万円もするカーナビを買っても持て余してしまうだけなので、安価で性能の良いカーナビを購入する方がお得だといえるでしょう。

車検業者は技術で選ぶ

作業員

車検を行ってくれる業者はたくさんありますが、知識と高い技術欲を求めるならディーラーや車検専門フランチャイズが一番です。価格で選ぶなら、安く済むのはガソリンスタンドやカー用品といった身近な街のお店です。

タイヤ交換の費用目安

タイヤ

タイヤ交換は組み換えよりも、ホイールごと交換する方が早く安く済みます。キャンペーンに合わせて依頼すると一層安い価格で交換してもらえます。タイヤを持ち込んで交換依頼すると、かえって割高になることがあるので気をつけましょう。

スタッドレスタイヤの特徴

メンズ

雪道を走行する場合、タイヤチェーンとスタッドレスタイヤかのどちらかを使用する必要があります。スタッドレスタイヤは高価ですが、高速道路などどんな道でも走行できます。タイヤチェーンは安価ですが装着に手間がかかります。